ミネソタ州貿易局のアジア代表のジェニファーさんからのメッセージの紹介

Year 2010

 親愛なる日本ミネソタ会の皆様へ

  2010 年6 月19 日

 

ミネソタ会総会と日本とミネソタの関係を深めるサマーパーティーの開催をお祝いするため、このメッセージをお送りすることができて幸いです。今年は日本とミネソタ州の関係にとって、とてもエキサイティングな年となっています。

 

5 月に私たちは、駐米日本大使の藤崎一郎氏をミネソタにお迎えしました。同じく5 月の後半には、ミリヤ・ハンソン=在ミネアポリス日本国名誉総領事の就任を祝うイベントを開催しました。そして9 月にはティム・ポーレンティ知事が、日本とミネソタの間と通商と投資を促進するために、日本を訪問する予定です。

 

これは知事の初めての日本訪問であり、この訪日はミネソタと日本の深い関係の存在と、これを一層発展させようという我々の姿勢を、広く知らしめることになるはずです。ミネソタと日本の関係を強めるための活動に参加される皆様に感謝の意を表するとともに、皆様とミネソタでお会いする機会があることを望んでおります。

 

ジェニファー・カース
ミネソタ州政府貿易局、輸出促進代表

 

(メッセージの原文) 以下にジェニファー・カースさんからのメッセージの原文を添付します。

Letter+to+Nippon+MN+Association-+2010.pd
Adobe Acrobat ドキュメント 580.0 KB

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Year 2009

2009620

日頃からミネソタと日本の関係強化に活動されている皆様への感謝しつつ、本日お集まりの皆様に多くの幸運が訪れますようお祈りしながら、この手紙を書いています。

 

ミネソタ州政府貿易局において、日本でビジネスを行うミネソタ企業の支援を行う立場の者として、ミネソタ関連のネットワークが日本に存在することが、大変貴重なものであると考えます。

 

以前に私が東京に住んでいた当時、多くのミネソタンが日本におり、またミネソタと縁のある日本人の方が大勢いらっしゃることに大変驚きました。

それは一つには私たちを結びつける文化的/人間性における共通点があるからだと考えます。

自然を大切にする心、教育の重要性についての強い信念、長期的な視点に立ったビジネスにおけるイノベーションへの取組姿勢、そして協調性を重要視する強い姿勢、これは私たちが ”Minnesota Nice” と呼ぶものです。

このように共有される価値観が、ビジネスや貿易などの面で私たちを結びつけ、良好な関係を構築することに、大いに役立っていると思います。

 

皆様が充実した日々をお過ごしになり、私たちと連絡を取り合い、そしてまたミネソタに戻って来られることを望んでおります。

 

ジェニファー・カース

ミネソタ州政府貿易局、輸出促進担当代表

----------------------------------------------------

 

以下にジェニファー・カースさんからのメッセージの原文を添付します。  

Message from: Jennifer Kocs, International Trade Representative
State of Minnesota
Letter from J Kocs.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 1.2 MB

 

 以下は"ミネソタ ナイス !"です。

 ----------------------------

 Minnesota Nice !

       ( Wikipedia )

Minnesota nice is the stereotypical behavior of long-time Minnesota residents to provide hospitality and courtesy to others. The term is also sometimes used in a derogatory way, to connote a sort of smiling stubbornness, forced politeness, false humility or passive aggressive hostility.

 

Stereotypes of Minnesotans often overlap with qualities of other people from the Upper Midwest, including the perception that many are quiet and do not wish to offend others or cause a disruption, even if it's for their own benefit. Writer Garrison Keillor played with this image in a piece written for the radio program A Prairie Home Companion called "Wobegonics", the supposed language of Minnesotans which includes "no confrontational verbs or statements of strong personal preference, you know." Sometimes area residents who move away, or otherwise come in contact with others who don't subscribe to the ideal, say that they have to shed their "Minnesota nice" in order to interact properly with others or get out of troublesome situations. The generosity of state citizens has gained respect—the heavily-reported influenza vaccine shortage of fall 2004 did not strike the state as hard as elsewhere since many people willingly gave up injections for others.[1]

 

Minnesota Nice is also the title of a 2003 28-minute documentary by Jeffrey Schwarz about the Coen brothers' movie Fargo, a movie that displays some of the stereotypical behavior.