2016年 日本ミネソタ会 クリスマスパーティー

【Japan Minnesota Association Christmas Party 2016】

日時:2016年12月4日(日) スペインクラブ、メソンセルバンテス

 

今年のミネソタ会のクリスマスは、麹町のメソンセルバンテスで行われました。

バルコニー付最上階のオシャレな会場には、ミネソタに関連のある方や、その

友人の方など70名近くの方が参加され楽しい時間をすごしました。大きな鉄板に

入ったパエリアをはじめとした美味しいスペイン料理を楽しみながら親睦を深めました。

今回初めて参加した方の自己紹介や参加者の近況報告もあり、大変充実した会に

なりました。今年もクリスマスオークションは盛り上がりを見せ、たくさんのグッズ

(Minnesota育ちのBryersの作品、大学からのもの、お米、土産物、家で

使わなくなったお宝など)のビッドも面白いものでした。オークションの売り上げは

ミネソタユースの活動に使われる予定です。今回のクリスマスパーティーには若手も

多く参加したため、今後のYouthの会にもつなげていきたいと思います。

第5回Minnesota Youth Seminar

2016年10月30日に第5Minnesota Youth Seminarを開催しました!

今回は特定非営利法人Table for Two事務局長の安東さんにお越しいただき、団体の概要、安東さん自体のキャリアに関して、若い時何を考えていた等、多岐に渡ってお話いただきました。

参加者も過去最高の20人程度の若手、学生にご参加いただきました!

 

 

<<本セミナーの活動資金は昨年のクリスマスパーティーで行われたチャリティーオークションより創出されております。>>

第4回 Minmesota Youth Seminar

ミネソタと繋がりのある若手を中心にネットワーク構築・キャリア形成支援を交流を深めるべく発足したMinmesota Youth Seminar。3月13日(日)に第4回が開催されましたのでご報告いたします。

 

【報告/感想】

第4回Minnesota Youth Seminarは事業開発コンサルタント・声楽家の秋山ゆかりさんをお招きしご講演頂きました。

 秋山さんはイリノイ州立大学アーバナ・シャンペン校の情報科学学部・統計学部、奈良先端科学技術大学修士を卒業され、在学中からプログラマー・エンジニアとしてキャリアをスタート。その後intel、BCG、GE、IBMなどグローバル企業でキャリアを積み上げ、現在はその多岐にわたる経験を生かし事業開発のスペシャリストとして独立しておられます。更に内閣府・総務省などのアドバイザーも務めながら、声楽家としても自身のコンサートを自らプロデュースしながら続けている唯一無二のキャリアを持つ女性です。

そんな秋山さんのには女性のキャリアと題してご講演頂きましたが、ご自身のキャリアから子育てのお話、また渡り歩いてきた数々の企業での経験の中から生まれたユース世代へのアドバイスは、男女問わず、参加者にとって興味深いものとなりました。

社会人としての基礎力を身につけること、早くプロフェッショナルと呼ばれる「ウリ」をつくること、(結婚出産でブランクが生じることの多い)女性は前倒ししてつめる経験は積んでおくこと、ライフステージによってキャリアへの考え方は変わるのが当たり前な中で常に今出来る最も積極的なキャリアプランを考えておこと、など、実践的なアドバイスに参加者は熱心に耳を傾けていました。

講演終了後の懇親会では、秋山さんに直接キャリア相談をする機会や、また参加者同士ネットワーキングの場が設けられ、秋山さんを中心に明るく和やかな交流の場となりました。

 

 

次回、第5回Minnesota Youth Seminarは秋の開催を予定しています。 

<<本セミナーの活動資金は昨年のクリスマスパーティーで行われたチャリティーオークションより創出されております。>>

 

BIG10 三陸応援ツァーのご報告

2016年7月9日~10日に開催された第1回BIG10 TOUR三陸応援ツアーのご報告のご報告です 。Purdue Club of Japanの五十川さんが中心になって企画された三陸応援ツァーに、日本ミネソタ会から10名参加しました。 行程は、下記のとおりでした。 7月9日(土)東京駅7時16分発東北新幹線「はやて111号」に乗車し、10時9分に新花巻に到着しました。宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」のモデルとなった釜石線(旧岩手軽便鉄道)の普通列車に乗り換えて、すべての駅に記載されているエスペラント語の駅名の愛称などを楽しんだ後、11時58分に釜石駅着、ここで参加者全員が合流しました。ラグビーの街らしい、ラグビーボールオブジェの前で集合写真を撮り、ホテルの送迎バスに乗車。海岸沿いの旅館「宝来館」で、海と松林を眺めながら、三陸の幸満載の昼食を舌鼓し、宝来館の岩崎女将に津波の際のご自身の体験や「釜石の奇跡」のお話を伺い、2019年のワールドカップラグビーが開催される釜石の競技場予定地を見学しました。その後、大槌町に移動し、福幸きらり仮設商店街でお買物を楽しみ、 ベルガーディア鯨山の「図書館」と「風の電話」を訪問しました。そして浪板海岸の「三陸花ホテルはまぎく」にチェックイン、夕食までの時間は、各自、波打ち際まで見える大浴場でくつろぎました。18時からは、ホテルの大ホールで夕食会。開始は10分ほど遅れましたが、21時のお開きまで、3時間にわたって大変な盛り上がりでした。内容は、日本酒セミナー (講師:日本酒専門家松崎晴雄さん)にはじまり、釜石の浜千鳥 酒造社長の新里さんからお酒の紹介と試飲、大槌町役場の佐々木さんのお話と地元の酒造のご紹介、さらに刺し子プロジェクトの吉野さん(大槌町で刺し子プロジェクトを企画推進されてきた方で、日本ミネソタ会の昨年のクリスマス会にもご参加)と伊藤さんが、プロジェクトの由来や地元の特産物を通信販売する新企画を紹介、会場での直接販売も大盛況でした。楽しい雰囲気の中、美味しい地元のお酒をたくさん試飲させていただき、ウニやホタテ貝の三陸の美味に舌鼓し、最後は大槌町縁の「ひょっこりひょうたん島」(1964年~69年までNHK総合テレビで放映された大ヒット人形劇、原作者の井上ひさしさんがイメージされた島の一つに大槌町の蓬莱島があげられている)の歌と踊りを、童心にかえって皆でパフォーマンスして、宴を締めくくりました。   7月10日(日) 朝の4時半集合の吉里吉里地区の方による海岸清掃行事がございましたが、日本ミネソタ会からは誰も参加できず・・それぞれがホテルの部屋の窓から日の出や朝の雲海を眺め、思いをはせました。8時15分にホテルの送迎バスに乗りこみ、「一般社団法人おらが大槌夢広場」の神谷未生事務局長のご案内で、大槌町内ツァーに出発。町民の方が参加して作られたジオラマを観ながら、津波の様子、今後の復興の方向性などを説明していただき、その後、被害を受けた大槌町役場の跡に立ち寄り、慰霊の祭壇に手を合わせました。そして「ひょっこりひょうたん島」の舞台となった、蓬莱島を訪問、島の弁天様にお参りしたのち、釜石市へ移動し、昨夜お世話になった浜千鳥酒造を見学しました。釜石駅前の魚市場や物産センターでお買い物のあと、12時20分発、我々BIG10グループで貸切った、三陸鉄道南リアス線のレトロ列車に乗車しました。五十川さんが手配してくれたBIG10のオリジナルトレインネームプレイトに一同感激し、七夕が飾られた優雅な車内を満喫し、海の幸のお弁当と、日本酒や梅酒、ソフトドリンクなどで杯を傾けながら、車窓から、三陸海岸の美しい海岸線と復興状況を眺めました。野生の鹿にも何匹も遭遇しました。13時45分、盛駅着。ここからは、岩手県北バスを一台貸切っての移動となり、14時15分、陸前高田市到着。インディアナ州ご出身のMs. Miller Amya(元陸前高田市特別顧問)から陸前高田の復興のお話をうかがい、「奇跡の一本松」等を見学しました。陸前高田で、大槌町にもどられる五十川さんとお別れして、バスで一ノ関駅まで向かい、17時48分のはやぶさ108号で、無事に東京駅までもどりました。 現在、大槌町役場に出向中のPURDUEの五十川さんの、地元ならではの企画力と、五十川ご夫妻のきめの細かいご配慮のおかげで、充実した2日間となりました。三陸の現地をこの目でみたことで印象が新たになるのに、一同が驚かされた旅であり、まさに「百聞は一見に如かず」でした。

 

6月26日 サマーパーティー(+総会)

さる6月26日、梅雨の晴れ間の日曜日に恒例の日本ミネソタ会サマーパーティーを、総勢39名の方々にお集まりいただき開催いたしました。

 

 パーティーは例年通り2部構成で、第一部は慶応義塾大学経済学部教授・塩澤修平先生のご講演「遊び心と日本経済 −清貧でなく清富の思想−」、第二部は新宿三井クラブの料理をいただきながらの懇親会でした。

 

 第一部のご講演は、塩澤先生からデフレ脱却のため私たちができることをわかりやすく解説していただきました。「清」は天然資源をあまり使わず、物的な生産量が比較的少ない状態、「富」は経済規模が大きく、失業率が低い状況、すなわち「清富」とは文化・芸術など「遊び心」に基づくことに大いに金を使い、有効需要を高め、失業を減らすこと(経済に好循環をもたらす)であるとのことでした。英国がEU離脱を決めた直後ということもあり、経済の先行きに関することなど皆さんから質問も多く出ました。

 

 第二部では、ミネソタ留学を終えたばかりの竹下美奈さんの帰国報告に続き60年代に留学された医師の千野先生をはじめ今回ミネソタ会に初参加の方々にスピーチをいただきました。新たな出会いもあり、今回も楽しい会となりました。

 

 

2016年4月迄の会計報告(2015.05~2016.04)

日本ミネソタ会及びMinnesota Youthの2015年度(2015年総会~2016年総会)

の会計報告を載せます。ダウンロードをクリックしてご覧ください。

日本ミネソタ会・ミネソタユース2015年度会計報告.pdf
PDFファイル 560.6 KB

   

4月 お花見

 恒例となった今年のお花見は4月2日(土)に開催されました。

今年の3月は暖かかったのですが、当日は多少寒く桜が心配

されましたが、大変きれいな桜が咲いていました。新しい人も

含め40人ほどの人たちが集まり、持ち寄ったポットラックランチ

で楽しい時間を過ごしました。また紹介しあったり、池の周りを

散策したりしました。